壁面の下地探し

この道具は・・・どこ太くんという名称です。

写真 (1).JPG

なにをする道具かといいますと、壁面の下地を探す道具です。

壁面収納や吊戸棚など、壁面に施工する家具の場合、壁にビスを打つことになるのですが、

ビスをどこに打てばしっかり設置できるのか??


壁面構造にもいろいろあるのですが・・

一般的な間仕切り壁の場合、

柱の上に石膏ボードを貼り、その上にクロスを貼っていることが多いです。

石膏ボードにはビスが効かないため、この間柱を見つけてビスを打つことになります。

でもきれいに仕上がった壁、どこに間柱があるのか、見ただけでは分かりません。。


そこでこれが活躍します☆この中には針が仕込まれていて、これを壁にさすと・・

ボードのみで、後ろが空洞の場合はプスッと貫通します。


が、間柱があれば最後まで刺さらずに止まります。

これで、間柱の位置がわかります。

でも、こんこんっと壁を叩いてわかる職人さんはすごいなぁ☆と憧れます(*^^*)


  • 壁一面に収納が欲しいけど、どうしていいか
    わからない..
  • 大量の本と、パソコン、周辺機器・・・
    書斎をすっきりと整理したい
  • 大型テレビを購入したので、お洒落な
    テレビボー ドをつくりたい・・・


〒530‐0043 大阪市北区天満4-4-15
交通:地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅 JR東西線大阪天満宮駅下車

ショールムのご案内はこちら





TOPページ | 当店の特徴 | 実績紹介 | 初めての方へ | ご注文の流れ | 対応地域 | お問い合わせ